猫にケージを好きになってもらう方法5つ

猫にケージを好きになってもらう方法5つ

猫をずっとケージに入れて飼うのは、様々な弊害があるものの、ある程度ケージにも慣れてもらっていると、必要な時に助かります。どうしたらケージを好きになって貰い、ストレスなく入って貰えるでしょうか?

1077view

1. 寝心地の良いベッドを用意する

ケージの中で眠る猫

猫と言えば、1日の大半を寝て過ごす生き物です。もし猫が好むベッドがケージの中にあれば、どうでしょう?猫はそのベッドを使うのに自らケージに入っていくでしょうし、ケージの中が安全で快適な場所だと、認識するようになるのは間違いないでしょう。

猫にとって寝心地が良いベッドとは、ふかふかでサイズが自分の体にフィットしているものの場合が多いです。わざわざ用意したベッドを好まない場合もありますが、猫がいつも下敷きにしている毛布などがあれば、それをベッドに敷くだけで、猫が使うようになる可能性は高いです。

2. 面白い遊び場に

ケージの中で遊ぶ猫

縦方向の移動ができる、猫にとって面白さを感じる遊び場に、変えるのもオススメです。各所におもちゃを設置したり、ハンモックなどを置いても、良いでしょう。

「ケージの中、楽しい!」と思えば、しめたものです。良いイメージを持てば、それだけケージが好きになることでしょう。面白い遊び場にして、猫のケージに対するイメージを、良くしてあげてください。

3. ケージに入ったらおやつを与える

ケージの中の猫達

ケージに猫が入ったら、すかさずおやつを与えるのも、有効です。猫が太らないように注意する必要はありますが、「ケージに入ると、良いことがある!」と覚えて貰える、絶好の機会です。

猫がケージに対してポジティブなイメージを持ってくれれば、こっちのものです。その為にはおやつは、非常に有効な手段となります。

4. いつもそこにあるモノに

ケージの上に乗る猫

ケージを使うときだけ出す、と言うのは良くありません。猫は人見知りな上に、物見知りでもあるからです。見知らぬモノに対しては警戒して、近づかないことが多いです。

ケージを、「たまに出てくる得体の知れないモノ」ではなく、「いつもそこにある無害なモノ」だと思って貰いましょう。

特別ケージを使う必要がない場合も、家の中に置いておくのです。特には中に入ってくつろいでみるかもしれませんし、登ったり降りたりして、遊び場にするかもしれません。猫とケージの距離が近くなれば、自然に好きな場所だと、思って貰えるでしょう。

5. 快適なスポットにする

ケージの中から顔を出す猫

ケージの中で日向ぼっこ、また外が眺められるような快適なスポットにするのも、良いですね。猫は言うまでもありませんが、日向ぼっこや外を眺めるのが、大好きです。

ケージをそれらが出来る場所に移動させれば、猫にとっての快適スポットとなるでしょう。快適すぎて、中々ケージから出てこない、なんてことにも、なるかもしれませんね。

まとめ

ネイ治郎

ケージが見慣れない特別な場所、となってしまうと、いざと言う時に警戒して入ってくれないこともあるでしょう。ケージは特別ではなく、普通の生活空間として認識して貰えれば、必要な時にスムーズに、使ってくれます。猫の為にも、ケージを好きになって貰いましょう!

スポンサーリンク